スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5時間企画的な何か

以前5時間の制限時間でテトリスもどきを製作しましたが、また似たようなものをやってみました。

前回はバグまみれで実質完成しなかったので今回は少し簡単なものに挑戦しました。

なにかに挑戦したいけどネタがないなぁ・・・みたいなことをツイッターで呟いたところ、【ヘビゲーム】をオススメしていただいたので作ることにしました。


完成したのがこちらになります。
蛇ゲームもどき
ScreenShot_2014_0115_23_33_32.png

【追記】
Plicyでも公開しました。
DL版の方が快適ですがブラウザで遊ぶことが出来るみたいです。


今回は前回と違い致命的なバグはないはず・・・

ウディタのタイマーをみたら2時間56分とギリギリ3時間を切っていましたが、実時間は4時間ちょっとかかっているのですよね・・・・ 休憩をした時間もありましたが・・・
もしかしたらテストプレイ時間はタイマーではカウントされないのではないかと思いました。
スポンサーサイト

5時間のタイムアタックに挑戦しました。

ウディタには図形描写機能がついています。図形描写機能とは円・四角・線等を画像を用意することなく表示する機能です。Ver2.00から導入されたらしく、Ver1.??から製作していたグランでは使用していません。2.00になったときに覚えればよかったのですが既に使えそうな処理は画像を使用して完成させてましたので、覚えることはありませんでした。
ウディタ歴3.5年になるにも関わらず図形描写も出来ないのはまずいと思い習得しようとして以下の企画をやってみました。

・製作物
 テトリス
  動けばよいのでホールド、ネクストは不要
・製作時間
 5時間
・制限
 画像音声は一切使用しない

この条件で挑戦して5時間で何とか完成させました。
ただ4時間45分あたりから大量のバグが発生しついに駆除できませんでした。
回転して壁にめり込んだり、一列そろえても消えないことがあったりするので、企画は失敗となると思います。
修正はしたいですが、自分で決めた時間は守らなければと思いますのでこのままにします。
ただ当初の目的だった図形描写機能は習得できたと思いますので、まぁいいかなぁと思ってます。

ScreenShot_2013_0314_20_36_39.png



一応暗号化なしでアップロードしておきます。画像音声が無いので圧縮後1.58MBという驚きの軽さです。
繰り返しになりますがバグはたくさんありますし修正予定もありません。

それでもかまわない方はこちらからどうぞ  テトリスもどき   

【ウディタ】条件分岐の可変DBにおける変数呼出値指定

条件分岐の可変DBのタイプ欄に200+DB番号をいれればシステム変数が、-100+DB番号をいれればユーザーデータベースを条件にできることは知っていました。
これには変数呼出値が関わるのですが、よくわからない方は私が以前書いたホームページのページをご覧下さい。

変数呼出値が関わっているなら他の数値もいけるのでは・・・?と考えました。
なかでも特に興味をもっていたのは乱数です。
以下公式マニュアルより抜粋(下線)

8000000+X
 → 0からXまでの値をランダムに返す。


これを直に条件に出来ればいろいろ便利かなと思いました。
皆様もこんな処理をされたことは無いですか?
乱数前


条件分岐と可変DBの変数呼出値を見比べて-1092を入れたところ・・・・


乱数後


乱数を指定できました。これは0~100までの乱数ですね。
一応20回くらい実験しましたが、ちゃんと条件分岐として機能しているみたいです。



他にも変数呼出値を使えばいろいろ呼び出せます。
実用性があるのは乱数のみだと思いますが一応調べたので書いておきます。

リファレンスみたいなものを書いておきます。乱数とイベントYの座標取得は一応実験して正常に作動することを確認しましたが、他は条件にできることは確認してますが正常に作動することまでは確認しておりません。
またこの方法は公式の方法ではありません。

タイプ:データ番号:内容番号の順


・コモンEv Y のコモンセルフ変数X (X:0-4,10-99通常変数, 5-9文字列)
  -1085:Y:X
※1文字列を指定しないように!!

・乱数(0~Xまでの乱数)
  -1092:0:X

・イベントYの座標  ※2
  -1091:1000+Y:X

・主人公の座標  ※2
  -1091:1800+Y:X

・このイベントの座標  ※2
  -1091:1900+Y:X

※2
(X = 0:マップX座標(通常[1マスを1と換算]) 1:マップY座標(通常)
    2:マップX座標(精密[0.5マスを1換算])  3:マップY座標(精密)
    4:イベントの高さ(ピクセル数))
プロフィール

ロビン

Author:ロビン
ウディタでSRPGを製作しています。完成品【グラン内戦記】
 メインHP

ツイッター
最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
カテゴリ
カウンター
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。